Pocket
LINEで送る


この方法は、

女の子とまともに

手も繋いだことがない

 

 

女の子と目もろくに合わせられない

 

 

女慣れてしていない童貞(帝)が

16才の「広瀬すず」似の女の子に

ルイヴィトンやエルメスの財布を

ねだられても

 

 

「はあ?なんで俺がお前に

そんなの買ってやんなくちゃいけないの?」

 

 

というセリフを動揺しないで

堂々と言えるようになります。

 

 

または、嫌われてもいいと思える

RPG-7も完全に防御する

防弾ガラス並みの心臓を

手に入れることが出来ます。

 

 

 

私はこの方法を、

「女はどこにでもいるから嫌われる勇気を持て」

と呼んでいます。

 

 

これは、

あなたの目の前にいる女の子が

全てではないということを示しています。

 

 

あなたにルイヴィトンの財布を

「買って買って!」とねだる

ドストライクの小〇唯ちゃん似の

18才美少女が目の前にいても

好きでもない女の子がねだっても

勇気をもって断りましょう!

 

 

その子は100%あなたを

「財布」

「お金」

として見ていません。

 

 

その子におごるだけ

無駄ということです。

 

 

女の子はどこにでもいるので、

今目の前にいる女の子が

人生の全てだと思わないように

してください。

 

 

では、それはどうやるのでしょうか。

 

 

一番簡単な方法があります。

 

 

「買って!奢れ!を連呼する女とは縁を切る」

これだけです。

 

 

ここで注意してほしいのが、

自分のドストライクの好みの子が

そう言ってきたパターンです。

 

 

よく意識して脳に釘を刺しておかないと、

「嫌われたくない!」という心理が

無意識に働いて買ったり奢ってしまいます。

 

 

女の子はこれを

無意識に感じ取る能力に長けているので、

それを利用しようとしてきます。

 

 

無理に何かを買ってやったり

奢ってあげる必要はないということを

脳に深く深く刷り込んでください。

 

 

男が女に奢る時代は

とっくに終わっています。

 

 

では、より具体的に見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

①想像してください。

今あなたの前の前にドストライクの

美少女がいます。

 

 

②その美少女は「エルメスの財布」を

あなたに買って買って!と

すごくねだっています。

 

 

③涙目で上目遣いで顔を赤面しながら

あなたに必死で訴えています。

 

 

しかし、ここで注意してください。

 

 

あなたは本当に

その女の子のことが好きですか?

 

 

女の子にエルメスの財布を買ってあげた瞬間、

態度が豹変したり音信不通になっても

全然平気ですか?

 

 

財布と見られても平気ですか?

 

 

彼氏がいても平気ですか?

 

 

考えつく限りの

色んな最悪なパターンを想像し、

それでも「その女の子の喜んでる顔」が

見られれば幸せなら買ってあげてください。

 

 

しかし、少しでも躊躇するなら

絶対止めるべきです。

 

 

実際、エルメスの財布を買ってあげた途端

音信不通になると、

心のダメージは想像の1000倍です!

 

 

ここで私の経験を伝えたいと思います。

 

 

この経験は正直話したくはありません。

 

 

私の人生の黒歴史だからです。

 

スポンサーリンク

 

実際私は18才のとき、

中学の同級生に紹介された女の子のために

カードローン12回払いで

¥60,000のルイヴィトンの

ダミエの財布を買いました。

 

 

クリスマス当日に初めて会うという約束で、

それまではメールのみでのやり取り。

 

 

電話は電話が届かないところに住んでいるから

出られないということです。

 

 

(当時は完全に信じ切ってました。)

 

 

メールだけだったけど、

会うのがめっちゃ楽しみでした。

 

 

しかしクリスマス当日になっても

待ち合わせ場所に来ない。

 

 

電話しても出ないメールにも返信ないで

バックられたと確信。

 

 

そんな経験があります。

 

 

それから二度と

あんな思いはしないと、

女性のことについて調べまくりました。

 

 

友人の誘いで合コンにも

何回か参加しました。

 

 

しかし、合コンで思ったのが

自分がいいと思った女性は来ない!

ということです。

 

 

自分が望んだ女性が来ないのに

何日も何週間も前から予定を入れるのが

馬鹿らしくなりました。

 

 

そうなると、もう取る道は一つ。

 

 

「ナンパ」です。

 

 

もうね。この手段を考えたとき

「俺にはぜってえー出来ねえ!」

って思ってましたから。

 

 

でも、何とか彼女を作ろうと

ナンパについてネットで調べまくりました。

 

 

初めてナンパをしたのが

地元のスーパーの中に併設している

ドラッグストアの店員さんでした。

 

 

ナンパをしようと思ったのも、

この店員さんがキッカケでしたね。

 

スポンサーリンク

 

この店員さん

黒髪で顔がめっちゃキレイで

言葉使いもすごく丁寧。

 

 

一目で好きになりました。

 

 

俺より明らかに年下なのは

会ったときからハッキリ分かった。

 

 

大学生かな?っていう感じでした。

 

 

でも、買い物以外の会話をするのに

3週間かかりました。

 

 

この美人の店員さんにどう思われるんだろう?

 

 

他の店員さんにどう思われるかな?

 

 

人の目を気にしていました。

 

 

それから1か月かかって

何とか連絡先を書いた紙を渡して

連絡するようになりました。

 

 

連絡がきたとき、

それはもうめっちゃ嬉しかったですね!

 

 

しかしこの子、彼氏がいたんです。

 

 

内心「はあ?」でしたね。

 

 

彼氏がいたからこの後どうするべきか、

自分では答えは出ていたけど

それを実行する勇気がなかった。

 

 

流石にその子に悪いと思ってしまったから。

 

 

それから、

「ナンパ」について

もっと知りたい、上手くなりたい。

 

 

と思ってはいたものの

独学では無理だと判断。

 

 

いくらネットで調べても

話しかけ方が分からず、

誰かに教わる必要があると

思ったからです。

 

 

SNSでナンパ師にコンタクトを取り、

その人からナンパについて

教えてもらいました。

 

 

ナンパについて

教えてもらってからは、

女性との出会いに困ることがなくなり、

かなり人生が変わりました。

 

 

このブログを読んで、

少しでもあなたの役に立てれば

うれしいです。

 

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

 

この記事を観ていただいた方は、
以下のブログランキングのバナーを
是非、クリックをお願いします。


ダイエットランキング

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る