Pocket
LINEで送る


お酒とタバコを

やることよりも、

身体に悪い生活習慣を

ご存知ですか?

 

これを放置しておいたら、

将来とんでもないことに

なってしまいます!

 

お酒やタバコをやることよりも

身体に悪いことなんてあるの!?

と思うことでしょう。

 

実は存在するんです。

 

皆さんご存知だと思いますが、

お酒とタバコは当然、

身体によくありません。

 

お酒とタバコよりも

身体に悪い習慣とは、

一体何なのでしょうか?

お酒とタバコをやることよりもすごく身体に悪い生活習慣とは!?

最も悪い生活習慣は運動不足!

運動不足は身体機能に悪影響を与える

身体に最も悪い習慣。

それは「運動不足」です。

 

運動不足が

最も身体に悪い習慣!?

 

と思うかもしれませんが、

運動不足が引き起こす

身体に与える悪影響は

お酒とタバコよりも

悪いのです。

 

その大きな原因と

なっているのが、

身体の抵抗力の強さは

運動をすることで

養われているからです。

お酒とタバコをやることよりもすごく身体に悪い生活習慣とは!?

運動不足が引き起こす要因は数多く存在する

運動不足が続くと病気と怪我をしやすくなる

一般的に運動をすると

身体の体力と免疫力は上がり、

身体は強くなっていきます。

 

しかし、

運動をすることを怠ると

身体は弱くなっていきます。

 

免疫力は落ち、体力も落ちる。

結果、病気や怪我をしやすい

身体となっていきます。

お酒とタバコをやることよりもすごく身体に悪い生活習慣とは!?

まとめ

健康に一番良い生活習慣は運動をすること

健康に一番良い

生活習慣とは、

運動をすることです。

 

運動は、

身体のありとあらゆる機能を

強くしてくれる

健康維持の為には

欠かせない方法です。

 

運動を行うと、

身体の免疫力と体力が

強くなります。

 

逆のことも言えます。

運動を行わないと、

身体が瞬く間に

弱くなっていきます。

 

しかも病気と怪我になりやすい

身体になるんです。

 

身体が弱くなる効果は

お酒とタバコを普段

愛用している人よりも、

ずっと弱くなります。

スポンサーリンク

この記事を観ていただいた方は、
以下のブログランキングのバナーを
是非、クリックをお願いします。


ダイエットランキング

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る