Pocket
LINEで送る


公園や河川敷で

お花見をするのであれば

場所取りは絶対に

欠かせません。

 

しかし、

慣れていない場合

必要な道具を揃えられず

場所取りに苦労することも…

 

お花見をするにあたり、

絶対必要な道具は

何なのでしょうか?

 

また、これを忘れると

お花見の準備と後片付けに

すごく大変な思いをします。

 

お花見にきたのであれば、

気持ちよく楽しんで

帰りたいものですよね。

スポンサーリンク

お花見の場所取りに絶対欠かせない必要な道具は?忘れると後が大変なことに

お花見に絶対必要な道具とは?

これだけは必ず用意しておこう

①ブルーシート

※ブルーシートは必ず厚手の物を使用。

生地が薄いと地面からの水気を通して

濡れてしまうため。

 

10人でお花見をするのであれば、

2.7m×3.6mの大きさの物を用意しよう。

②ビニールひも

場所を確保した後に

他者の立ち入り規制をする為

③ロープ止め金具

ブルーシートの端にある穴に

ロープ止め金具を刺して

ブルーシートを固定するため。

④油性ペン+ガムテープ+カッター

場所取りした場所を明確にする為。

⑤掃除用具

※ゴミ袋、軍手など

ゴミ袋は多めに用意しましょう。

 

折り畳んだブルーシートを

収納する際も利用します。

お花見をする際は、

上記の道具を最低限

用意していきましょう。

 

忘れると、

準備と後片付けに

困ることになります。

お花見の場所取りに絶対欠かせない必要な道具は?忘れると後が大変なことに

場所取りするときの基本的なこと

場所取りするときのタイミング、注意点

①場所取りする場所を予め調べておく

お花見前日に下見をし、

お花見当日に

場所を確保します。

 

お花見当日に

下調べをしていては、

あっという間に場所は

取られてしまいます。

 

場所は複数個所、

決めておきましょう。

 

②場所を確保していく

10人前後であれば、

当日の朝からでも

場所を確保出来る

可能性はあります。

しかし、

それ以上の大人数であれば、

前日の21時に頃に場所を確保

しにいきましょう。

 

早すぎてもダメです。

早すぎると場所自体が撤去されて

しまう恐れがあります。

スポンサーリンク

お花見の場所取りに絶対欠かせない必要な道具は?忘れると後が大変なことに

まとめ

場所取りするときは人数と道具をしっかりと確認しよう

お花見をする際は、

必ず用意する

道具があります。

 

それを忘れたら、

準備と後片付けに

困ることになります。

 

忘れずに

準備しましょう。

 

また、お花見に参加する

人数の確認も重要です。

 

お花見に参加する人数が多いと、

場所取りのスペースも

必然と大きくなります。

 

そのため、

場所取りする時間も

考えておきましょう。

 

この記事を観ていただいた方は、
以下のブログランキングのバナーを
是非、クリックをお願いします。


ダイエットランキング

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る