Pocket
LINEで送る


医療技術に進歩により、

人類は今まで以上に

長生き出来る時代と

なりました。

 

しかしその結果、

高齢者の人口が増え、

加齢に伴う神経疾患の

患者数が増加すると

言われているそうです。

 

また、

パーキンソン病以外にも

アルツハイマー病などの

他の精神疾患の

患者数も増加するそうです。

 

高齢者の増加に比例し、

パーキンソン病の

患者数も増えるのは

必然と言えるでしょう。

スポンサーリンク

将来、パーキンソン病のパンデミックが起こる可能性がある?その理由は?

パーキンソン病とは?

脳に異常が表れ、身体機能に支障を来す病気

【パーキンソン病】

脳の異常により、

身体機能に障害が

表れる病気です。

 

現在の日本には

約15万人の患者さんが

いると言われています。

 

主に高齢者に

多くみられる病気です。

 

しかし、稀に若い人でも

発症することがあります。

 

パーキンソン病は

長期間の時間をかけ、

ゆっくりと進行していきます。

 

昔は治療法が

確立されていませんでした。

しかし現在は効果的な

治療薬が存在します。

将来、パーキンソン病のパンデミックが起こる可能性がある?その理由は?

パーキンソン病のパンデミックとは?

イギリスでは年々パーキンソン病患者の数が増えている

【Brundin博士らによる見解】

パーキンソン病による死者数

1855年:人口1500万人のうち22人。

2014年:人口6500万人のうち5000~1万人。

 

イギリスにおいて

パーキンソン病の患者数は

年々増加しています。

 

特に1990年~2015年の間では

パーキンソン病の患者は倍増し、

600万人以上となっています。

 

パーキンソン病患者の急増は

高齢化社会を反映していると

いわれています。

 

2040年までには

パーキンソン病の患者数が

1200万人にまで

増加するそうです。

 

また、

パーキンソン病との

関係が疑われている

医薬品、農薬、汚染物質を分解する

腸内細菌などを考慮すると、

1700万人にまで上る

可能性もあるとのこと。

 

このままでは将来、

人口の3~5人に一人は

パーキンソン病の患者という

ことになりかねないです。

スポンサーリンク

将来、パーキンソン病のパンデミックが起こる可能性がある?その理由は?

長期喫煙者はパーキンソン病のリスクが下がる?

長期喫煙者はパーキンソン病のリスクが40%も下がる

こんな調査結果が

出ています。

 

長期喫煙者は

パーキンソン病のリスクが

40%も低いそうです。

 

この調査結果が事実であれば、

世界的な禁煙傾向も

パーキンソン病増加に

拍車をかけることに

なるかもしれません。

スポンサーリンク

将来、パーキンソン病のパンデミックが起こる可能性がある?その理由は?

まとめ

パーキンソン病は世界的な病気であり、長期喫煙者はリスクが下がる

パーキンソン病は

世界的な病気であり、

特にイギリスでは

年々増加しています。

 

パーキンソン病は

1817年にパーキンソン医師が

初めて報告した症例です。

 

その後の研究により、

手足末端の震え、可動性の減退、

気分の変化といった症状は

脳の中央にある

大脳基底核という器官で

ドーパミンを生成する組織が

減少しているためだと

分かっています。

ドーパミンの生成減少は

死に直接結びつくものでは

ありません。

 

しかし、

老化と合わせることで

平均余命が7~14年となり、

パーキンソン病による

早死を迎えやすい

傾向にあります。

また、パーキンソン病は

長期喫煙者はリスクが下がるとの

研究報告も上がっていることから、

将来、喫煙を促進する声が

上がる可能性も否定できません。

 

パーキンソン病のような

精神疾患は、まだまだ

分かっていないことが

多いと言われています。

 

これから医療が進み、

パーキンソン病を更に

詳しく解明出来ることを

期待したいです。

 

この記事を観ていただいた方は、
以下のブログランキングのバナーを
是非、クリックをお願いします。


ダイエットランキング

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る