Pocket
LINEで送る


コンビニや高速道路の

サービスエリアで

大型トラックが

エンジンをかけたまま

駐車しているのを

見かけたことはありませんか?

 

フロントガラス越しに

中を確認すると、

ハンドルやダッシュボードの上に

脚を上げて睡眠を取っていたり、

スマホをいじって

休憩している人が

多いようです。

 

また、ガラス全面に

カーテンを下ろして

周囲の目をシャットアウト

している人もそこそこ

いますよね。

 

しかし、こうやって

アイドリングをかけたまま

休憩していると、

周囲からは厳しい声が

出てきます。

 

「マナー違反」

「アイドリングがうるさい」

「排気ガスが臭い」

 

まず、良い印象を

受けることは

ありません。

 

アイドリングを切るだけでも

全く印象が変わるのに、

何故ドライバーは

アイドリングを

切らないのでしょうか?

 

そこには、

トラックドライバーにしか

分かり得ない理由が

あるのでしょう。

スポンサーリンク

駐車場で大型トラックがエンジンをかけたまま止まっている理由は?

トラックの中は思っている以上に快適な温度ではない

快適な温度のまま休憩したいから

トラックの中は

他の車と同様、

夏と冬は暑くて寒いので、

アイドリングをかけて

休憩しているのだと

思われます。

 

確かに、車内の温度は

外にいるのと

大差がありません。

 

その中で休憩するのは

酷でしょう。

 

ですが、周囲からしたら

そういった事情は

知る由もありません。

 

なので、

客観的な目線で判断し、

迷惑がるのだと思います。

駐車場で大型トラックがエンジンをかけたまま止まっている理由は?

ドライバーが休憩する場所が車内以外にない

車内しか休憩出来ないという辛さ

中には周囲に配慮して

アイドリングをかけないで

我慢して休憩している

人もいるでしょう。

 

短時間であれば

周囲も少しぐらいなら…と

うるさく言わないと

思います。

 

ですが、中には1時間、

酷いと8時間の長時間

アイドリングを

かけている人がいます。

 

そういった人がいるので、

全てのドライバーが

そのような目で

見られるのだと思います。

 

全てのドライバーが

そうではないのですけどね。

スポンサーリンク

駐車場で大型トラックがエンジンをかけたまま止まっている理由は?

まとめ

極力アイドリングをかけたくないのはドライバーも同じ

極力アイドリングを

かけたくないのは

ドライバーも同じです。

 

しかし、

アイドリングをかけないと

快適な環境で

休憩出来ないのも

事実です。

 

こういった大型ドライバーの

駐車場でのアイドリングを

かける行為を減らすには、

高速道路のパーキングのような

施設内で休憩できる環境を

設けないと難しいでしょう。

 

現に今、一般道で

大型ドライバーが

休憩するといった場所は

コンビニ、道の駅の駐車場が

ほとんどです。

 

しかし、それらの施設では

ドライバーが休憩するような

環境が整っていません。

 

なので、ドライバーが

休憩するといったら

駐車場しかないのです。

この記事を観ていただいた方は、
以下のブログランキングのバナーを
是非、クリックをお願いします。


ダイエットランキング

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る