Pocket
LINEで送る


先日、

このようなニュースが

ありました。

 

—————————–

「セブンイレブン」

店舗のオーナーが、

人手不足を理由に

24時間営業を止めました。

 

「セブンイレブン」からは、

契約違反だとして

違約金を請求された

そうです。

 

これに対して会社側は、

意思疎通がとれていなかったとして、

今後は話し合って

サポートしていくそうです。

 

24時間営業の在り方が

今後の課題になりそうですね。

—————————–

現在の日本は

人手不足が囁かれてから、

何年も経過しています。

 

特に人手不足が深刻な業界が

コンビニ、飲食店といった

サービス業です。

 

人手不足が続けば、

こうせざるを得ない事態は

容易に予測できたはずです。

 

コンビニの

24時間営業の在り方について

今一度考えるべきなのでは

ないでしょうか。

スポンサーリンク

コンビニの24時間営業がもう限界を迎えている!その理由とは?

人手不足で従業員が確保できない

24時間営業はする必要があるのか?

コンビニが

24時間営業の

限界を迎えている

大きな理由の一つが

人手不足です。

 

現在の日本は、

小売業の人手不足が深刻です。

 

特にコンビニは

人手不足が深刻と

言われています。

 

人手がいないと、

必然的に営業は

出来なくなります。

 

営業時間の短縮を

考えるとなると、

最も売り上げが少ない

深夜の時間帯になってきます。

 

売り上げと

人の出入りが少ない、

深夜の時間帯を通してまで

果たして24時間営業をする

必要はあるのでしょうか?

 

今後の課題になりそうです。

スポンサーリンク

コンビニの24時間営業がもう限界を迎えている!その理由とは?

オーナー自身が過労で倒れる

24時間営業を続けないと莫大な違約金を請求される

24時間営業を止め、

時短営業にした店舗があるので

ご紹介したいと思います。

 

—————————–

M市の

「セブンイレブンM店」の

オーナーMさんは、

人手不足で従業員の確保が

難しくなったとして、

2019年2月1日から

24時間営業を取りやめた。

 

営業時間を午前6時から

深夜1時までにしました。

 

これに対して

「セブンイレブン」は、

契約違反だとして

主張しています。

 

また、

24時間営業に戻さない場合は、

フランチャイズ契約を

解除するとともに、

約1700万円の違約金を

請求するとのことです。

—————————–

 

フランチャイズ契約を結ぶ際、

24時間営業以外の

営業をした場合の違約金の

記述はあるそうです。

 

この記事を観ていただいた方は、
以下のブログランキングのバナーを
是非、クリックをお願いします。


ダイエットランキング

にほんブログ村 ダイエットブログへ

Pocket
LINEで送る