Pocket
LINEで送る


日本の義務教育で

お金の教育をしない理由、

皆さんは考えたことが

ありますか?

 

イギリスやアメリカでは、

金融に関する教育を義務と

しているそうです。

 

しかし日本では

お金の教育はしません。

 

教えてもせいぜい

お金の数え方といった

計算方法でしょう。

 

資産の作り方、

キャッシュカード使い方、

労働収入以外で収入を得る方法。

 

社会に出たら、

否が応でもお金が

纏まり付きます。

 

生きるうえで最も大事な

お金の教育をしない。

 

教えるのは学問ばかり。

 

すごく疑問に思いませんか?

 

そこで今回は、

日本でお金に関する教育を

しない理由についてご紹介

したいと思います。

日本の学校教育でお金に関する教育をしない理由は?外国ではお金の教育が義務

日本でお金の教育をしない理由について1

お金の教育をすると賢くなるため

日本でお金の教育をしない

大きな理由の一つがこれです。

 

そう、賢くなるからです。

 

お金の教育をすると、

お金の仕組み、流れについて

理解度が深まります。

 

では、お金に関する理解度が

深まるとどうなるのか?

 

簡単です。

会社に属さなくても、

働かなくても、

お金を生み出す方法を

覚えるからです。

 

これを避けるため、

日本ではお金に関する教育を

しないと思われます。

日本の学校教育でお金に関する教育をしない理由は?外国ではお金の教育が義務

日本でお金の教育をしない理由について2

労働者の増加が見込めなくなる

お金に関する知識が深まると、

必然的に労働者は

減少の一途を辿ります。

 

何せ働かなくても

お金を生み出す方法を

知っているからなんです。

 

その方法を知っていれば、

わざわざ時間に縛られ

ストレスを溜めてまで

会社に行ってお金を稼ぎたいと

思いませんよね?

 

そのことを恐れているので、

日本ではお金に関する

教育はしないと思います。

 

そして、

国にとって都合の良い

労働者を増やすためでも

あるんです。

日本の学校教育でお金に関する教育をしない理由は?外国ではお金の教育が義務

日本でお金の教育をしない理由について3

税金を払う人が少なくなる

お金に関する知識が高まると、

当然税金に対する知識も

豊富になります。

 

節税対策なんかにも

知識が豊富なことでしょう。

 

そうなると、

必然的に税金を払う人は減少し、

わざわざ払わなくてもいい

税金は払わないことでしょう。

日本の学校教育でお金に関する教育をしない理由は?外国ではお金の教育が義務

日本でお金の教育をしない理由について4

教師がお金に関する知識を持っていない

学校で隠れて

お金に関する教育を

行えばいいと思うのですが、

現実はそうもいきません。

 

隠れてお金に関する教育を行えば、

保護者や他の教師から

何を言われるか

分からないからです。

 

ましてや教師自体が

お金に関する知識を

所有していないことが多いのです。

 

教師になるのに

金融に関する勉強は

する必要がないので、

教師はお金に関する知識は

疎いと思ったほうがいいでしょう。

 

ましてや公務員は副業が禁止です。

独学か、自ら志願して

他の方から教わらない限りは

お金に関する知識を

学ぶ場は少ないです。

日本の学校教育でお金に関する教育をしない理由は?外国ではお金の教育が義務

日本が賢くならない程度にお金の教育をする理由1

馬鹿では困るから

しかし、

ほんのわずかですが

お金に関する教育は

行っています。

 

では一体、お金に関する教育を

どれだけ行っているのでしょうか。

 

労働収入以外を覚えない程度に、

数字の計算が出来る程度にしか

教育を行いません。

 

学問だけでは

社会に出るには

不十分だからです。

 

馬鹿では困るのです。

そこで、賢くならない程度に

お金に関する知識を教育します。

日本の学校教育でお金に関する教育をしない理由は?外国ではお金の教育が義務

お金に関する教育を受けてこなかった人はどうするべきか?

独学で学ぶ。又はお金に関する知識を有する人から教えて貰う

では、お金に関する教育を

受けてこなかった人は

どうするべきなのでしょうか。

 

独学でお金に関する知識を学ぶ。

もしくはお金に関する知識を有する人から

教えてもらうしかありません。

 

お金に関する知識を得るのに

早い遅いの判断は

人それぞれでしょう。

 

しかし、早い段階から

覚えておいた方がいいと

私は思います。

 

独学では覚えることが

厳しいと考える人が

ほとんどだと思います。

 

そこで、

お金に関する知識を有する人から

教えてもらうことをお勧めします。

 

今はSNSを介して

色んな人と

知り合うことができます。

 

代表格として

公認会計士、税理士、弁護士などから

教えてもらうといいでしょう。

 

また、労働収入以外の

不労所得を得る方法を

教えてもらうのであれば、

投資家や資産家、ネットビジネスを

行っている人から

教えてもらうことも出来ます。

 

いずれにしても、

お金に関する知識を

得ようとするのであれば、

自ら行動して学ばなければ

なりません。

日本の学校教育でお金に関する教育をしない理由は?外国ではお金の教育が義務

お金に関する知識がないとどうなる?1

一生、労働者として生きることになる

このまま、

お金に関する知識を有しないと

どうなるのでしょうか。

 

答えは簡単です。

 

労働収入以外を

得る術をしらないまま、

一生を過ごすことになります。

 

学校では不労収入を

得る方法を教えてくれません。

 

労働収入以外で

お金を得たい人、

一生会社員として

過ごしたくない人は

覚えなければなりません。

 

簡単ではありませんが、

労働収入以外でお金を得る術を

身につければ、視野が大きく広がり、

色んなことにチャレンジ出来ることは

間違いないです。

日本の学校教育でお金に関する教育をしない理由は?外国ではお金の教育が義務

お金に関する知識がないとどうなる?2

お金絡みのことに騙されやすくなる

お金に関する知識がないと、

お金に関するやり取りに

騙されやすくなります。

 

例えば儲け話などが

そうでしょう。

 

お金に関する知識がないと、

労働収入以外で

お金を得る方法を提示されても、

疑問に感じることがないのです。

 

仮に疑問に思っても、

善悪の判断が

つかないことでしょう。

 

お金に関する知識は、

身につけておくべき

ことなのです。

日本の学校教育でお金に関する教育をしない理由は?外国ではお金の教育が義務

まとめ

お金に関する知識がないと一生不自由な生活を強いられ、騙されやすくなる

今回は、

日本がお金に関する教育をしない理由と、

お金の知識がないとどうなるのか?

についてご紹介しました。

 

世の中には大きく分けて

2種類のお金の稼ぎ方があります。

 

それは、

労働収入と不労収入です。

 

しかし、

学校では不労収入で

お金を得る方法を

教えてくれません。

 

今の日本で教えてくれる

ことだけでは、

幸せな人生を歩むことは

出来ません。

 

労働収入で生活している方は、

今の生活に満足していますか?

 

私は労働収入から脱しないと

満足出来ないと思います。

 

自分の好きなことを

するためには、

やはり不労収入を得る術を

覚えなくてはならないと

思います。

 

この記事を観ていただいた方は、
以下のブログランキングのバナーを
是非、クリックをお願いします。


ダイエットランキング

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る