Pocket
LINEで送る


今回は2018年の

職業別年収ランキングについて

ご紹介したいと思います。

 

ランキング形式で見てみると

意外な職業の年収が高いことが

分かることがあります。

 

職業を選ぶ基準にもなるので、

ぜひ参考にしてみてください。

 

それでは

ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【2018年】企業別、職種別の平均年収を発表!そして最も高い年収の職業は?

職種別

平均年収ランキング

この平均年収ランキング2018は、

dodaが2017年9月~2018年8月の1年間に

dodaエージェントサービスに登録した

約36万人のデータを元に集計しています。

 

正社員として働く

20歳~65歳の平均年収を

まとめたものになります。

 

この集計結果から、

平均年収は414万円となっています。

 

職種別平均年収ランキング2018

1位:弁護士(専門職)829万円
2位:投資銀行業務(金融系専門職)825万円
3位:運用 / ファンドマネジャー / ディーラー(金融系専門職)803万円
4位:MR(営業系)709万円
5位:業務改革コンサルタント(専門職)681万円
6位:アナリスト(金融系専門職)680万円
7位:戦略 / 経営コンサルタント(専門職)666万円
8位:プロジェクトマネジャー(技術系)659万円
9位:内部監査(企画 / 管理系)658万円
10位:会計専門職 / 会計士(専門職)649万円

 

1位はやはり、

弁護士がランクインしましたね。

 

2位は投資銀行業務、

3位は運用、ファンドマネジャー 、

ディーラーとなっています。

 

専門職系、金融系専門職系の

仕事が大半を占めた

形となっています。

スポンサーリンク

【2018年】企業別、職種別の平均年収を発表!そして最も高い年収の職業は?

業種別

平均年収ランキング

1位:投信 / 投資顧問(金融)839万円
2位:医薬品メーカー(メディカル)611万円
3位:たばこ(メーカー)584万円
4位:診断薬/臨床検査機器/臨床検査試薬(メディカル)570万円
5位:財務 / 会計アドバイザリー(サービス)561万円
6位:信託銀行(金融)561万円
7位:医療機器(メディカル)554万円
8位:トイレタリー(メーカー)552万円
9位:家電/モバイル/ネットワーク機器/プリンタ(メーカー)539万円
10位:総合電機メーカー(メーカー)536万円

 

業種別では投信、投資顧問が

1位となっています。

 

2位は医薬品メーカー 、

3位はたばことなっています。

 

トップ10のうちの

ほとんどが金融、 メディカル、

メーカーという

結果になりました。

 

職種別、業種別において、

いずれも強かったのは

金融系となっています。

 

就職活動の参考に

してみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

【2018年】企業別、職種別の平均年収を発表!そして最も高い年収の職業は?

企業別、業種別の平均年収について

まとめ

今回は、

企業別、業種別の

平均年収について

ご紹介しました。

 

上位にランクインしている

平均年収の職種を参考に

就職活動をしたり、

知識として覚えるのも

いいでしょう。

 

しかし、

世の中は常に変化して

職種の在り方も

変わってきています。

 

今は上位にランクイン

している職業でも、

今後はどう変化していくは

分かりません。

 

職業の在り方が

どう変わっていくか、

楽しみでもありますね。

 

この記事を観ていただいた方は、
以下のブログランキングのバナーを
是非、クリックをお願いします。


ダイエットランキング

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る