Pocket
LINEで送る

自動広告

2019年10月より、

消費税が10%となります。

 

消費税が10%となれば、

結構な負担になることは

用意に想像が出来ますよね。

 

そこで、

消費税が10%になる前に

買いだめや高額商品を購入して、

今後の生活に

備えておきたいものです。

 

消費税が10%になる前に

備えるだけ備えて、

今後の生活に

ゆとりを持たせたい。

 

しかし、

全ての生活商品に対して

備えることはまず出来ません。

 

そこで、

消費税増税後でも

増税前の金額で

対応する方法があれば

すごく嬉しくありませんか。

 

そこで今回は、

増税前の金額で増税後でも

購入可能な商品とは

どういったものになるのか。

 

ご紹介して

いきたいと思います。

スポンサーリンク

【2019年10月増税】消費税10%でも消費税8%で利用する方法とは?

消費税10%の増税後でも増税前の金額で利用する商品1

ライブ、コンサート、映画館、美術館、遊園地などの入場料金

2019年10月以降に利用予定の、

ライブ、コンサート、

映画館などの入場料金を

増税前に購入しておきましょう。

 

そうすることで、

増税後でも安心して

利用することが出来ます。

 

例えば、

ライブのチケットが

増税前に5000円であれば、

増税後は5100円になるわけです。

 

入場料金だけでなく、

日常生活用品の購入にも

当てはまります。

 

増税のタイミングを

よく見図らい、

上手く活用しましょう。

スポンサーリンク

【2019年10月増税】消費税10%でも消費税8%で利用する方法とは?

消費税10%の増税後でも増税前の金額で利用する商品2

賃貸物件の入居、冠婚葬祭、車、戸建て住宅などの金額の大きい商品の契約

増税前と増税後で大きく

差が出てきてしまうのが、

賃貸物件の入居、

冠婚葬祭に掛かる費用、

そして車、戸建て住宅の購入です。

 

ここ1~2年で

契約と購入を

考えているのであれば、

増税前に購入しておかなければ

ならないものになります。

 

例えば、

戸建て住宅が5000万円であれば、

増税後は5100万になるわけです。

 

100万円の差は大きいですね。

 

最も慎重にならなければ

いけない商品ですが、

出来るだけ増税前に

購入しておきたいものです。

【2019年10月増税】消費税10%でも消費税8%で利用する方法とは?

増税前と増税後で注意しておきたいこと

継続サービスの支払い

増税前に契約していても、

増税後の金額が

反映されてしまうものもあります。

 

それが

携帯電話、光熱費などの

定期購入商品です。

 

これらは

増税前に契約していても、

増税後はしっかりと

増税後の金額に反映されます。

 

商品によっては

反映されないものも

あるかと思います。

 

しかし、

ほとんどの物に対しては

増税後の金額が反映されて

しまうので注意が必要です。

 

増税前に、

一度見直してみるのが

いいかもしれません。

スポンサーリンク

【2019年10月増税】消費税10%でも消費税8%で利用する方法とは?

増税前と増税後で注意しておきたいことについて

まとめ

今回は、

増税前と増税後で

商品を購入するタイミングと

利用する方法について

ご紹介しました。

 

入場料金や

日常生活用品においては、

事前に購入しておく。

 

その程度で

考えておいた方が

いいかもしれません。

 

しかし、

金額の大きい車や

戸建て住宅に関しては

増税前に購入しておいた方が

いいでしょう。

 

増税前と増税後の

タイミングを上手く活用すれば、

増税後でも大きな負担になることは

ないでしょう。

 

この記事を観ていただいた方は、
以下のブログランキングのバナーを
是非、クリックをお願いします。


ダイエットランキング

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る