Pocket
LINEで送る


「痩せられない!」

「体重が減らない!」

「身体が引き締まらない!」

 

ダイエットをしている中で、

こう思った経験は

必ずと言っていいほど

ありますよね。

 

どんなに頑張っても

思うように身体が

変化してくれないのは

正直辛いです。

 

どんなに頑張っても痩せない。

実はダイエットを阻む

存在がいるのです。

 

痩せることを阻む原因は、

自分の意思とは関係なく、

ダイエットを始める

前の身体にしようとします。

 

痩せることを阻む存在とは

何なのでしょうか。

スポンサーリンク

ダイエットが続かない人はとんでもない原因があった!その原因とは?

ダイエットが続かない原因は脳にあった!

痩せると脳は元の身体に戻そうとします

ダイエットが続かない原因。

それは「脳」にあります。

 

人間は痩せると

脳が飢餓状態に陥ると察知し、

元の身体に戻そうとします。

 

元の身体に戻そうとする手段が

「食欲増進」、「脂肪の蓄え」

「ダイエットに対するやる気を削ぐ」

などの対抗手段です。

 

脳はダイエットに抵抗する

手段を実行せようとします。

ダイエットが続かない人はとんでもない原因があった!その原因とは?

何年経っても下がった体重を戻そうとする

脳は望ましい体重にしようと必死に身体に訴えてくる

脳は個人に適正な

体重にしようと、

毎日身体に訴えかけてきます。

 

それは何年経過しても、

脳が求める体重になるまでは

毎日続きます。

 

脳は飢餓状態を

恐れています。

 

そのため、

脳が理想とする

体重から外れると、

すぐ身体に訴えかけてきます。

ダイエットが続かない人はとんでもない原因があった!その原因とは?

太った身体を長年維持すると危険!

脳は長年維持した身体と体重を理想と判断する

長年太った身体を

維持していると、

脳はその身体が

適正であると判断します。

 

例えば10年間太った身体でいて、

そこからダイエットを

始めようします。

 

脳はすでにその身体が

理想であると判断していて、

少しでも痩せようものなら

必死にダイエットを止めさせようと

抵抗を始めます。

 

仮にダイエットに成功しても、

数年程度では

脳はその身体が理想であると

判断してくれなく、

ダイエットを始める前の

身体に戻そうとします。

 

少なくとも、

脳がダイエット成功後の身体が

理想と認めるまでは、

10年間太った身体でいた期間

以上の期間を

要しなければならないと

いうことになります。

スポンサーリンク

ダイエットが続かない人はとんでもない原因があった!その原因とは?

ダイエットを成功させるには脳を騙す

脳が満腹感を得られれば食欲は湧かなくなる

ダイエットを成功させるには、

脳を騙す方法があります。

 

空腹感と満腹感は

全て脳から発せられています。

 

脳が満腹感を得られれば

食欲は湧かなるということです。

 

少量の食事で

脳が満腹感を得られれば、

ダイエットは最短距離で

成功に近づきます。

 

では、脳が少量の食事で

満腹感を得られる食事とは

何なのでしょうか?

 

代表的なのが

バナナや肉類です。

 

バナナは腹持ちが良く、

食物繊維が豊富です。

 

肉類はタンパク質が

含まれているので、

筋肉を作るための

栄養素が豊富です。

 

いずれも食品も

太る要素が低い物になるので、

ダイエットにはおススメです。

ダイエットが続かない人はとんでもない原因があった!その原因とは?

まとめ

ダイエットが失敗するのも成功させるにも脳が関係している

ダイエットが

失敗するのも成功するのも

全て脳が関係しています。

 

脳は身体が痩せると

生命の危機を感じ、

ダイエットを始める

前の身体に戻そうと

抵抗を始めます。

 

しかも、

脳の元に戻ろうとする

抵抗は何年も続きます。

 

長年続ける

脳の抵抗に根負けして

過食をしてしまう。

運動を止めてしまう。

 

これがリバウンドに

繋がっていく要因です。

 

如何に上手く

脳と騙し騙しで

付き合って行くかが

ダイエット成功の道であると

言えます。

スポンサーリンク

この記事を観ていただいた方は、
以下のブログランキングのバナーを
是非、クリックをお願いします。


ダイエットランキング

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る