Pocket
LINEで送る


酒は百薬の長と言われ、

少量で嗜む程度であれば

身体によいとされています。

しかし、

飲むとなると

少量で済むことは

まずないでしょう。

 

満足の行くまで

飲むことが

ほとんどです。

 

お酒は依存性が高く、

やがては肝臓が壊れてしまい、

アルコール依存症になる人もいます。

 

結論から言いますと、

酒は人生を破壊する

毒物であると思います。

 

厳しい言い方ですが

酒について学び、

禁酒に成功した後、

改めてその意味を

痛感することでしょう。

 

現に私は、酒に溺れ、

酒のことしか

考えられなくなった

アルコール依存症の人を

見てきました。

 

一度アルコール依存症に

なってしまうと、

もう元には戻れなく

なってしまいます。

 

そうなってしまうと、

常にお酒のことしか

考えられなくなるんです。

 

お酒を常時飲んでいないと

手先が震え、意味のない発汗、

意味不明な言動を発したりの

禁断症状が出ます。

 

そうなると、

もう普通の生活は

出来なくなります。

 

では、そうならないためにも

酒をやめたいと思ったとき、

どうすれば酒をやめられるのか?

 

今回は、

お酒を辞める方法と

禁酒が体に及ぼす影響、

禁酒が効果を発揮する

までの期間について

ご紹介いたします。

スポンサーリンク

禁酒をすることで得られるスゴイ効果とは?酒は程々に…は完全に昔の話です

禁酒と肝臓の関係について1

アルコールが肝臓に及ぼすダメージ

アルコールが肝臓に

ダメージを与えることは、

多くの方が耳にしたことが

あるでしょう。

 

アルコールは

体内に取り込まれた時点で、

肝臓で分解が始まります。

 

アルコールの分解が始まると

悪臭になる物質を発生します。

 

悪臭の原因となる物質を、

肝臓が中和させる働きを

担っています。

 

しかし、

アルコールによって肝臓が

ダメージを受けてしまうと、

その機能が正常に働かなく

なってしまいます。

禁酒をすることで得られるスゴイ効果とは?酒は程々に…は完全に昔の話です

禁酒と肝臓の関係について2

アルコールとアンモニアの関係

肝臓は、

食べ物を消化する時に発生する

アンモニアを分解します。

 

しかし、

アルコールを摂取することで、

この機能が働かなくなります。

 

その結果、

アンモニアの分解が

出来なくなります。

 

そして、

分解出来なかったアンモニアが

血液で循環することに

なっていきます。

 

つまり、

肝機能の低下は

悪臭につながります。

 

体内に入ったアルコールは

3日間ほどで分解されます。

 

ですが、

肝機能が完全に回復するには

およそ1ヶ月かかります。

禁酒をすることで得られるスゴイ効果とは?酒は程々に…は完全に昔の話です

禁酒とダイエットの関係

飲酒は体重の増加を招く

飲酒は体重の

増加を招きます。

 

しかし、

アルコールは一緒に

おつまみも食べます。

 

おつまみと一緒に

アルコールを摂取した場合は、

肝臓はアルコールの分解に

優先的に集中します。

 

これにより、

おつまみの分解が

後回しになるため、

内臓脂肪として

貯め込まれます。

 

結果、

禁酒することで

過剰なカロリーを

抑えることができます。

 

禁酒によって

肝機能が正常に働き、

代謝機能も向上します。

 

ダイエット効果が

期待できるというわけです。

スポンサーリンク

禁酒をすることで得られるスゴイ効果とは?酒は程々に…は完全に昔の話です

禁酒がもたらす健康効果1

内臓のダメージを防ぐ

飲酒は肝臓の他にも、

胃や腸にも

負担がかかります。

 

呼吸器、心臓、脳、

皮膚、筋肉など、

全ての内臓や身体の器官に

負担がかかってしまいます。

 

飲酒はしないことが

一番ということになります。

禁酒をすることで得られるスゴイ効果とは?酒は程々に…は完全に昔の話です

禁酒がもたらす健康効果2

睡眠の質が良くなる

お酒を飲んでしまうと、

鼓動や呼吸が荒くなります。

 

また、脳が覚醒状態になったり、

水分不足になったりして

良質な睡眠が取れなくなります。

 

泥酔して寝てしまうという

こともあります。

 

しかしこれは、

寝ているのではなく、

身体の各機関は覚醒しているのに

頭は気絶している状態なのです。

禁酒をすることで得られるスゴイ効果とは?酒は程々に…は完全に昔の話です

禁酒がもたらす健康効果3

痩せるため、ダイエット効果が大きく期待できる

お酒のカロリーは

エンプティカロリーと

言われています。

 

カロリーは高いけれど

簡単に消費する事ができる。

 

そういった話もありますが

それはすべて嘘です。

 

エンプティカロリーは

「栄養価が殆どないのにカロリーだけはある」

ということです。

 

ちなみにビールのカロリーは

100gあたり約40kcalです。

 

ビールのロング缶500mlは

1本200kcal程度になり、

4本で約800kcalになるのです。

 

一般的にビールを毎日これだけ、

約800kcal摂取すると、

10日で1kg増えることになります。

禁酒をすることで得られるスゴイ効果とは?酒は程々に…は完全に昔の話です

お酒を辞めるには?1

お酒の付き合いには絶対参加しない

お酒を辞めるには

お酒から離れなければ

いけません。

 

少しでも接触する

機会があれば、

誘惑に負けて

お酒を飲んでしまいます。

 

その中でも、

特に注意したいのが

お酒の付き合いです。

 

社会人の付き合いの一つに

お酒の付き合いは

どうしてもあるものです。

 

しかし、

それに甘んじて参加して

飲んでしまっては

一生アルコール依存で

苦しむことは確実です。

 

そのため、

身の周りの人には

理解してもらい、

付き合いには参加しない

意向を伝えましょう。

禁酒をすることで得られるスゴイ効果とは?酒は程々に…は完全に昔の話です

お酒を辞めるには?2

アルコール依存症だという自覚を持つ

アルコール依存という

自覚を持つことも、

お酒を辞めるのに必要です。

 

この依存から

目を背けていては、

依存症を軽減できる方法も

確立出来ないんです。

 

その代表例が

医者で治療を受けない

ということです。

 

治療を受けて初めて

依存症に対抗する手段が

成り立つというのに、

依存症ということを

認めたくないが故に、

治療を避ける人は多くいます。

 

目を背けないで、

依存症と向き合うことで、

依存症を軽減できると

思ってください。

禁酒をすることで得られるスゴイ効果とは?酒は程々に…は完全に昔の話です

お酒を辞めるには?3

アルコール依存症の治療を受ける

依存症なのに何が何でも

治療を受けたがらない人も

この世に多く存在します。

 

しかし、

アルコール依存症を

少しでも緩和させるには

治療しか方法がありません。

 

放っておいても

治りません。

 

アルコール依存症は

自ら認めさせ、

自主的に医者で

治療を受けることが

望ましいです。

 

しかし、何が何でも

医者に行きたがらない人が

存在します。

 

そんな場合は

無理やりにでも

医者に連れていき、

治療を受けさせた方が

いいでしょう。

スポンサーリンク

禁酒をすることで得られるスゴイ効果とは?酒は程々に…は完全に昔の話です

まとめ

禁酒が与える効果。そしてお酒は飲まない。少量だから…という油断が危ない

今回は、

禁酒がもたらす

健康効果について

ご紹介しました。

 

アルコールは摂取する上で

良いことはほとんど

ありません。

 

健康、時間、お金、思考の

全てを奪うものです。

 

お酒は人付き合いの

乾杯の一杯だけで

十分なんです。

 

飲みすぎは以ての外です。

 

禁酒が成功した際には、

飲酒に使っていた

時間とお金を別のことに

使用してみるといいでしょう。


こちらでも

お酒に関する記事を

書いてあります。

 

この記事を観ていただいた方は、
以下のブログランキングのバナーを
是非、クリックをお願いします。


ダイエットランキング

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る