Pocket
LINEで送る

夏は前に汗をかく機会が増える時期です。

自分の体が臭っていないかと、

気にしてしてしまう人もいるでしょう。

 

体臭や口臭、頭皮やデリケートゾーンなど、

部位別に、気になる箇所は多いと思います。

 

それでは、汗の臭いの原因と

対策方法をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

汗の臭い対策は生活習慣の運動から?運動で解消する汗の臭い対策

運動による汗の臭いの解消方法

臭い対策の第一歩は、

汗をよくかける体になることです。

 

よく働く汗腺ほどミネラルの再吸収力が高いです。

今の現代人はエアコンの効いた部屋にいたり、

運動不足で汗をかけなくなっています。

 

そこで対策です。

汗腺トレーニングとして

ウオーキングやジョギングなどの

有酸素運動を取り入れてましょう。

 

2~3週間続けると、

衰えた汗腺の機能は回復します。

 

また、疲労により生じる乳酸が原因で

臭う汗にも、有酸素運動は有効です。

 

乳酸の過剰分泌を抑えるにも、

有酸素運動はとても有効です。

 

汗の臭い対策は生活習慣の運動から?運動で解消する汗の臭い対策

汗の臭いの原因は食事にも

食生活で肉類のとりすぎに注意。

動物性たんぱく質は皮脂の分泌を増やし、

加齢臭の引き金になるほか、

たんぱく質が体内で分解されるときに

アンモニアが発生します。

 

それが原因で肝臓で処理できないと

汗の臭いの原因にもなります。

 

また、便秘も汗がアンモニア臭になります。

お通じがよくなるように

食物繊維の摂取をしましょう。

 

疲労による臭いや加齢臭には、

抗酸化作用のあるビタミンC、

ビタミンEなどを含む食品はおススメです。

 

また、血液をアルカリ傾向にし、

乳酸の発生を抑える梅干しや海藻類、

乳酸菌などの腸内環境を整える

食べ物も凄くおススメです。

スポンサーリンク

 

汗の臭い対策は生活習慣の運動から?運動で解消する汗の臭い対策

汗の臭い対策には有酸素運動が効果的

有酸素運動とは負荷の軽い運動です。

会話を交わしながら

できる程度の運動でもあります。

 

ウォーキングやジョギング、水泳などが

有酸素運動の代表スポーツです。

 

サイクリングなども効果的です。

有酸素運動を行うことにより、

汗腺は活発になり、

汗をかきやすくなります。

 

 

また、有酸素運動を

一定の時間続けることで、

血液中の脂肪酸を減らせるという

メリットもあります。

 

脂肪酸はオヤジ臭や臭い汗などの

原因のひとつとされる物質です。

この脂肪酸が減ることで、

汗が臭うことを防ぐ効果が期待できます。

 

脂肪酸を減らすには、

有酸素運動を一定時間

継続することが必要です。

 

目安として30分程度は

続けるようにしましょう。

汗の臭い対策は生活習慣の運動から?運動で解消する汗の臭い対策

まとめ

有酸素運動は汗の臭い対策に有効ですが、

やりすぎには注意です。

 

特にジョギングや水泳などの場合、

強度を上げ過ぎると有酸素運動を超えて

無酸素運動になってしまいます。

 

無酸素運動は酸素を取り入れない、

強度の強い運動のことです。

 

無酸素運度を行うと乳酸が増加して、

汗の中のアンモニアが増え、

臭いの原因となってしまうおそれがあります。

 

ジョギングや水泳をやるときには、

張り切りすぎず、軽く汗を流す程度の

運動にしましょう。

 

息が上がるような運度は、

一定時間継続することが難しいですし、

臭い対策としても効果が期待できません。

スポンサーリンク

汗の臭い対策は生活習慣の運動から?運動で解消する汗の臭い対策

入浴で汗腺を鍛えるのもおすすめ

 

入浴によって

汗をかく方法もおすすめです。

 

入浴は全身にまんべんなく

汗をかかせてくれるので、

全身の汗腺を活発化するのに

効果的です。

 

全身を温めるためには、

入浴をシャワーだけで

済ませるのではなく、

しっかりと湯船に入りましょう。

 

15分程度はお湯に入りましょう。

その程度の時間お湯に浸かっていると

じんわりと汗をかき、

汗腺が活発化します。

 

入浴は汗腺を鍛えるとともに、

皮膚表面の温度も上げてくれます。

 

 

入浴後に汗をかいたからといって、

エアコンで身体を冷やすのは

やめましょう。

 

せっかく開いた汗腺が閉じます。

汗はタオルで拭き取る程度にして、

自然に引くのを待つようにします。

 

サウナなどを利用するのも良い方法です。

サウナはスチームサウナではなく、

乾燥サウナを利用がおススメです。

 

より効果的に汗をかくことができます。

サウナに入ったあとは、

自然に汗を引かせるようにしてください。

水風呂は厳禁です。

 

汗は誰でもかくものです。

なので汗を止めることによって

臭いを防ごうとするのではなく、

運動や入浴などにより汗腺を活発化させ、

さらさらで臭いのない汗をかけるように

なりましょう。

Pocket
LINEで送る