Pocket
LINEで送る

バナナは果物の中で

一番食べられている、

大人気の食材です。

 

果物は皮をむくのが

面倒といった人、

価格が高くて食べる習慣が

ないという人がいると思います。

 

しかし、バナナは入手しやすく、

簡単に皮をむいて

食べることができるので、

食べる機会も

多いと思います。

スポンサーリンク

バナナは健康と美容にスゴイ効果があった!バナナに隠された驚きの秘密

バナナの種類について

バナナの生産国

始めに、バナナは主に

フィリピン、台湾、エクアドル

といったところから

輸入をしています。

 

バナナの品種として

主流なのは、

キャベンディッシュ

という種類です。

 

日本では生食が

一般的なバナナですが、

世界で見ると

バナナを主食のように

食べる地域もあります。

 

日本でも見かけるようになった

ツンドクバナナという

大きなバナナを

ご存知でしょうか。

 

これは加熱をして

食べるバナナで、

食感が芋類に似ていて、

甘みも生食用バナナとは

少し違っているのが特徴です。

バナナは健康と美容にスゴイ効果があった!バナナに隠された驚きの秘密

バナナの栄養

バナナはとても栄養素が豊富

バナナはアスリートにも

よく利用されています。

 

バナナには

炭水化物が豊富なので、

スポーツ時の

エネルギー補給に

適しています。

 

また炭水化物のうち

エネルギーとはならない

食物繊維も豊富です。

 

ビタミン類では、

ビタミンCやビタミンB6を

多く含みます。

 

ミネラルでは

カリウムやマグネシウムが

とても豊富です。

バナナは健康と美容にスゴイ効果があった!バナナに隠された驚きの秘密

バナナの健康効果1

バナナは身体に良い効果を与える

素早いエネルギー補給と

持続性のあるエネルギー供給の

両面を持ちあわせている点が

魅力のバナナです。

 

バナナはオリゴ糖を含んでいます。

オリゴ糖は腸内環境の

善玉菌を増やしてくれるため、

便秘改善、予防に

つながるのです。

 

続いてカリウムです。

余分なナトリウムの排泄により、

むくみなどを解消してくれる

栄養素で、高血圧予防にもなります。

 

排泄力以外にも

期待できる効果があります。

 

それは、骨の形成に重要な

マグネシウム、抗酸化作用が強く、

動脈硬化の予防に働いてくれる

ビタミンCが挙げられます。

 

抗酸化作用では、

ポリフェノールも含んでいます。

スポンサーリンク

バナナは健康と美容にスゴイ効果があった!バナナに隠された驚きの秘密

バナナの健康効果2

バナナは身体に良い効果を与える

バナナには

ケルセチンやリコピンなど、

複数のポリフェノールが

含まれていると

言われています。

 

ビタミン類とあわせて、

抗酸化作用を有する成分が

複数含まれていることで、

がんや生活習慣病の

予防にも役立ちます。

 

バナナには

特に白血球数を増やす働きが、

ほかの植物性食品よりも

多いのではないかという

研究結果も出ています。

 

私たちの身体では、

白血球が外部から侵入した

有害物と戦うことで

免疫力を保っています。

 

数だけでなく、

白血球を活性化する力もあり、

免疫力強化となります。

バナナは健康と美容にスゴイ効果があった!バナナに隠された驚きの秘密

バナナの選び方

バナナの黒点が大いほど栄養素が高い

バナナは輸入品が大半です。

輸入の期間中に

熟しすぎないように、

まだ青いままの状態で

収穫します。

 

追熟をして

甘さが出てきた頃に

私たちの手に届くように

工夫されています。

 

それでも青果物は

なかなか、管理が難しい

ところがあります。

 

選ぶ際には

軸の付け根が

しっかりしていて、

皮が均等に

きれいな黄色であるものを

選ぶと良いでしょう。

バナナは健康と美容にスゴイ効果があった!バナナに隠された驚きの秘密

バナナの保存と食べごろ

バナナは常温で保存しよう

あたたかいところで

育ったバナナは

低温に弱いので、

決して冷蔵庫に

入れてはいけません。

 

常温でぶらさげて

おくことが、

保管する上で理想です。

 

皮に黒点が出てくると

追熟が進んできた証拠です。

 

あまりやわらかくない

食感が好きであれば、

少し黒点が出てきたあたりで

召し上がっても良いです。

 

もっと甘く、

やわらかいものが良ければ、

黒点がたくさん

出てくるまで待ちましょう。

スポンサーリンク

バナナは健康と美容にスゴイ効果があった!バナナに隠された驚きの秘密

まとめ

バナナに関するまとめ

バナナは酸味が少ないので、

多くの方々が好きな果物です。

 

幅広い年代に

食べていただける上、

手軽で安価と

良いところが

たくさんあります。

 

日本人は食物繊維が不足しがち。

なので、果物は1日に

200グラムを目安に

食べましょう。

 

バナナであれば

1本食べれば

その半分は余裕で越します。

 

なので、バナナ1本を

食べるのは、

それほど苦ではないはずです。

 

以上のことから、

バナナは栄養面でも

とても重要な果物です。

 

ぜひ食べてみてください。

 

お役に立ったと思えた方は、以下のブログランキングのバナーを
ポチッとして頂けるとスッゴク嬉しいです!


ダイエットランキング

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る