Pocket
LINEで送る

酒は人生を破壊する毒物

厳しい言い方ですが、

酒について学び、

禁酒に成功した後、

改めて痛感することでしょう。

 

アルコール依存症の方も、

そうでない方も、

本人が酒をやめたいと

思ったとき、

一体どうすれば

酒をやめられるのか。

 

そこで今回は、

禁酒が体に及ぼす影響と

禁酒が効果を発揮する

期間について

ご紹介いたします。

スポンサーリンク

禁酒で肝臓に良い効果が実感できる期間は?禁酒が肝臓に与える効果

禁酒と肝臓1

アルコールが肝臓に及ぼすダメージ

多くの方が耳にしたことが

あるでしょう。

 

アルコールがどのような

ダメージを肝臓に及ぼすかを

紹介します。

 

体内に取り込まれた

アルコールの糖質が、

分解する過程で

悪臭になる物質を発生します。

 

その原因となる物質を、

肝臓が中和させる働きを

担っています。

 

肝臓が機能することで、

臭いは強くならないです。

禁酒で肝臓に良い効果が実感できる期間は?禁酒が肝臓に与える効果

禁酒と肝臓2

アルコールとアンモニアの関係

通常、肝臓は食物を消化する時に

発生するアンモニアを分解します。

 

アルコールを摂取することで、

この機能が働かなくなります。

 

その結果、悪臭の原因の物資が

血液で循環し、汗などと共に

対外に排出されます。

 

つまり、肝機能の低下は

悪臭につながります。

 

体内に入ったアルコールは

3日間ほどで分解されますが、

肝機能が完全に回復するには

およそ1ヶ月かかります。

禁酒で肝臓に良い効果が実感できる期間は?禁酒が肝臓に与える効果

禁酒はダイエットにも効果あり

飲酒は体重の増加を招く

 

飲酒は体重の増加を招きます。

アルコールと共に

おつまみも食べます。

 

肝臓はアルコールの

分解に集中します。

 

これにより、

おつまみ類の分解が

後回しになるため、

内臓脂肪として

貯め込まれます。

 

禁酒することで、

過剰なカロリーを

抑えることができて

ダイエット効果があります。

 

禁酒によって

肝機能が正常に働き、

代謝機能も向上するため、

ダイエット効果が期待できます。

 

 

禁酒による

ダイエット効果が表れるのは、

2週間〜1ヶ月はかかります。

 

肝機能の回復が、

ダイエットにとっても

1番大切となってきます。

スポンサーリンク

禁酒で肝臓に良い効果が実感できる期間は?禁酒が肝臓に与える効果

禁酒の効果1

禁酒が体に及ぼす代表的な効果2

禁酒が体に及ぼす影響は、

正直、体に良いことのみです。

 

1、内臓へのダメージを防ぐ

飲酒は肝臓の他にも、

胃や腸にも負担がかかります。

 

呼吸器、心臓、脳、皮膚、筋肉など、

全ての内臓や身体の器官に

負担がかかってしまいます。

 

 

2、睡眠の質がよくなる

お酒を飲んでしまうと、

鼓動や呼吸が荒くなったり、

脳が覚醒状態になったり、

水分不足になったりして

良質な睡眠が取れないですよね。

 

泥酔して寝てしまうという

こともありますが、

寝ているのではなく、

身体の各機関は覚醒しているのに

頭は気絶しているという状態なのです。

スポンサーリンク

禁酒で肝臓に良い効果が実感できる期間は?禁酒が肝臓に与える効果

禁酒の効果2

禁酒が体に及ぼす代表的な効果2

 

1、痩せる

お酒のカロリーは

エンプティカロリーと

言われています。

 

カロリーは高いけれど

簡単に消費する事ができる。

 

そういった話もありますが

それはすべて嘘です。

 

エンプティカロリーは

「栄養価が殆どないのにカロリーだけはある」

ということです。

 

ちなみにビールのカロリーは

100gあたり約40kcalです。

 

ビールのロング缶500mlは

1本200kcal程度になり、

4本で約800kcalになるのです。

 

一般的にビールを毎日これだけ、

約800kcal摂取すると、

10日で1kg増えることになります。

 

禁酒をすれば、

どれだけのダイエット効果があるかは、

すぐに分かるかと思います。

 

禁酒は健康面、経済面でも

良い効果をもたらすことになります。

お役に立ったと思えた方は、

以下のブログランキングのバナーを

ポチッとして頂けると嬉しいです。


ダイエットランキング

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る